~一緒に【満点合格】を目指しませんか?~

 

 

CSR検定は、60問の問題に対して80%以上正答すると合格になります。一度合格したら、その後いくら知識が抜けていったとしても合格証を返上する必要などありません。しかし、CSR検定は単に「合格」することよりも、これから社会でますます重要な考え方となっていくCSRを体系的に「理解」して、「実践」していくことにこそ本当の意味があります。

 

CSRは、今まさに世界中で激しい議論が交わされながら、社会に浸透しつつあるテーマです。“三方よし”のように根幹となる考え方は古くから変わることはありませんが、日々刻々と変化している時事的な内容もたくさん存在します。

 

また、一度得た知識も時間が経つにつれて、だんだん失われていきます。そこで、既に合格された方もたまには復習して知識をしっかりと定着させていくことが望ましいです。ただ、勉強は一緒に挑戦する「仲間」と高い「目標」があった方がやる気がわいてくるものです。

 

そこで、これまでにCSR検定を受験して合格した方々が、CSRに関する最新の情報を共有したり、これまでに習得した知識を活かして実際に活動するために情報交換をしたり、一緒にプロジェクトを立ち上げたりするためのネットワーク組織(仮称:CSR検定合格者ネットワーク)を設立することになりました。ここで、共に学び高め合う「仲間」を探してもらえるのではないかと思います。

 

さらに、高い「目標」として、満点を目指してCSR検定を再度受験することも提案させていただきます。というのも、今のところ、CSR検定の三重会場受験者(第6回~8回)で「満点合格」者は1人もいないのです。東京、大阪会場でも「満点合格」者は、第1回からあわせて4名しか存在しません。そんな今こそ、このプレミアム感たっぷりの「満点合格」を目標にして、皆さんも再度受験に挑戦されてはいかがでしょうか。実は、Mブリッジの米山理事長も既に合格していますが満点を目指して、第10回も受験をする予定です。そこで、さらなる高みを目指して共に歩んでくださる仲間を募ります。

 

ぜひ三重会場からも「満点合格」者を輩出しましょう!!