NPO法人 Mブリッジ>CSR推進室>アーカイヴス>NPOと企業の連携・協働・実態調査チーム

NPOと企業の連携・協働・実態調査事業

この事業は、平成24年度 三重県から「NPOと企業の連携・協働実態調査事業」

を受託し実施いたしました。

 

<調査目的>

 三重県では平成24年度から、新しい総合計画「みえ県民力ビジョン」がスタートし、

さまざまな主体が協働して新しいものを生み出す「協創の三重づくり」に取り組んでいます。

この中で、NPOと企業が互いの強みを生かし、自発的に地域づくりを進めることを促進するために、

企業の地域社会との関わりについての現状やニーズ、課題等を把握する調査を実施しました。

 

 この調査を通じて、企業もNPO(市民)も一緒の地域住民として、地域の問題や課題を共有し、

企業がNPO(市民)のために、NPO(市民)も企業のためにという、

「お互いが支えあえる地域社会」という同じ方向を向き、

協創の実践を促進するために有効な仕組みを考える際の参考とすることを目的としました。

 

 

この事業の三重県ホームページへのリンクは、こちら

「NPOと企業の連携・協働実態調査事業」調査報告書
houkokusho.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 7.9 MB

※調査報告書は、三重県のホームページからダウンロードできるファイルと

 同じ内容です。